拡大

仕事などでプレゼンをする機会がある方もいらっしゃると思います。それは自分の会社であったり、もしくは集会や取引先であることもあります
自社ならともかく出先の場合は最低自分でプロジェクターを用意しなくてはならないかもしれませんね
もしかしたらスクリーンも持って行く必要があるかも・・・
そんな場合に備えてビジネスマンはプロジェクターとスクリーンをセットで所持しているのが理想です

しかし、スクリーンはかさばりますしわざわざ持っていくと帰って角が立つ可能性もあります
なのでプロジェクターに重きを置いて考えてみましょう
ところで、みなさんは解像度をご存知ですか?解像度とは画像の大きさや綿密さ、容量を象徴する存在です
例えば解像度の低い画像を印刷すると極端に小さく印刷されるか無理に紙にサイズを合わせてしまい非常に粗い画像になります
そして、プロジェクターにも解像度が存在し、パソコンの解像度とあっていない場合はせっかくの資料もサイズや画面がずれて台無しになってしまうのです
また、スクリーンの大きさもワイド型か縦長かで映像が変わります

このように「ただ写せばいい」だけではないプロジェクタースクリーン
ビジネス社会で成功するためにプロジェクターとスクリーンの選び方を学びましょう

外部おすすめリンク

壁掛け・天吊りタイプのほか、ホワイトボードと兼用できるタイプのプロジェクタースクリーンもご用意しております|エリートスクリーンジャパン株式会社

Category
  • カテゴリーなし
Archive