足裏で疲れをとる方法|寝心地が良い敷布団を使って良質な睡眠をとる
ウーマン

寝心地が良い敷布団を使って良質な睡眠をとる

足裏で疲れをとる方法

足

足裏から疲れをとる仕組み

足裏シートには色々な種類がありますが、共通しているの、樹液を使用していることです。樹液とは、木酢液や竹酢液などです。木酢液を例にとると、木酢液には除菌、抑炎症、かゆみ止めなどに効果があると言われてきました。木酢液は入浴剤として市販されていますし、一般の家庭で使うことも多いでしょう。こうした、樹液は濃縮することで、電磁波を発生させると言います。赤外線以上に細胞の遺伝子を活性化させると言います。これを、加工して足の裏に貼るという考え方のもとで、足裏シートは開発されました。樹液シートの効能は、毒素を出すと言うことです。足裏シートの電磁波で発汗させ、その汗と一緒に毒素が排出されます。これは、結果として足の疲れを取ります。足の疲れは全身の疲れと言われます。その足に溜まった疲れの原因である老廃物を樹液シートで吸収することで、足の疲れを取りデドックス効果があるのが樹液シートの仕組みです。

実際の活用方法

足裏シートは実際にどのように使用するのでしょうか。ちょうど、足裏マッサージして痛い部分をもみほぐすことをイメージして、樹液を含んだシートを寝ている間に足の裏に貼ります。これにより足裏の痛い部分を刺激します。電磁波の効果で発汗して、それとともに老廃物が排出されます。それ以外にも、足裏シートには、快眠効果があると言われます。その理由は、マイナスイオンが樹液に含まれていて、リラックスできる効果があり、これが睡眠の質を改善すると言われています。さらに、アトピーにも効果があると言われます。確かに、毒素が体外に排出されればアトピーの原因が排出されたと同じ意味がありますね。肩こりには、足裏シートを肩に貼ってみても効果がある場合もあるようです。同様に、ふくらはぎに疲れがたまりパンパンに張っているときには、ふくらはぎに貼る方法もあるようです。