気持ちよく眠るために|寝心地が良い敷布団を使って良質な睡眠をとる
ウーマン

寝心地が良い敷布団を使って良質な睡眠をとる

気持ちよく眠るために

睡眠

安らかな眠りを手に入れる

睡眠は単に身体の疲れをとるだけではなく、美容と健康を保つために心身をメンテナンスし、再生するための重要な時間です。例えば肌は、眠っている時に古い細胞が剥がれ落ち新しい細胞に生まれ変わります。また、質の良い睡眠をとることで代謝が活発になります。快眠で休息すれば朝からハツラツと仕事や家事をこなし、夜になると疲れて眠るといった自然なリズムが生まれます。そうなるとエネルギーの供給と消費のバランスが保たれ、脂肪が体に蓄積されず、スリムな体型を維持できます。眠りの環境を整え、より深く心地よく質の高い眠りを手に入れるためにも枕は大変重要です。理想の枕を選んで安らかな眠りを手に入れましょう。枕を選ぶポイントは頭の形にフィットすることです。好みは人それぞれ個人差がありますので、購入前に高さ柔らかさなど試してみて自分にピッタリの理想の枕を探しましょう。

快適な姿勢で眠る

旅行などで枕が分かると全く眠れなくなる、という言葉をよく聞きます。快適な姿勢で眠るのに枕は最も重要なアイテムです。理想の枕には次に挙げる4つの条件があります。まずは寝心地が良いこと、そして神経の集中している頸椎をきちんと支えていること、さらに寝返りがうちやすいことと頭が蒸れないことです。これらの条件を満たす、高さ、形、素材の枕を探しましょう。枕の大きさは最低でも肩幅以上で楽に寝返りのできることが条件です。また赤ちゃん用のドーナツ枕のように後頭部のおさまりが良く首筋をしっかりと支えてくれる枕がべストです。素材は真綿パンヤ、ウレタン、プラスチック等それぞれの特徴を知って、自分の好みに合った理想の枕を選びましょう。